FC2ブログ
幼児教育、小学生のお勉強を科学する
塾に通わせることなく、自分の娘を名門幼稚園に入学させた元伸芽会講師が、幼児教育と小学校の勉強法を説明
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AERA記事:子供に受けさせたい最先端英語授業 3
『AERA記事:子供に受けさせたい最先端英語授業』も今回で第3回目を迎えました。第1回からの連載モノですので、初めての方は、第1回からお読み下さい。


前回、子供のときに聞いた英語が『三つ子の魂、百まで』よろしく、驚異的なヒヤリング力として15年後まで残っていた福井君(博報堂勤務)の話をしました。

今日は、プラスして、幼児のうちに英語を学んだ方がいい科学的根拠をご紹介しようと思います。その後に、ディズニー英会話セットの功罪の予定です。

どの本で読んだか忘れてしまったのですが、バイリンガルが英語を話しているときと、日本語を話しているときの脳の反応箇所は同じという実験データがありました。

一方、大人になって英語を学んだ日本人が英語を話しているときは、脳の反応箇所が違うとのことでした。

つまり、子供のうちから英語と日本語に接するバイリンガルと普通の日本人(断定的ですが)は、英語に関しては脳の仕組みから違うということなんです。


このことは、悲観すべきことでもあるし、利用すべきことでもあります。僕達、親は残念でした~ですが、子供は擬似的にバイリンガルのようにしてしまえばいいということを意味しています。

小さいうちから英語に接する環境により、『バイリンガルのような脳を獲得するとことができるかもしてない』ということなんです。

日本にいながらにして、『福井君みないになれる』ということです!


ま~、このぐらいの情報は、僕の学術的な(?)サイトを見てくれる人は知っていると思うので、ここからが最新情報です!!!

いよいよ、AERAの登場! 英語脳のもう一つの記事、『バイリンガル脳を作る』です!

ーーーーーーーーーーーーー記事趣旨ーーーーーーーーーーーー
東京大学の酒井邦嘉助教授によると、言語に必要な脳の部分は、「文章理解」「文法」「単語」「音韻」に分けられ、それぞれの部位は、どの言語でも同じ部分を使っているという。

英語が上達してくると、この中の「文法」「文章理解」が使われなくなる傾向にあり、大人からでも脳に変化が現れてくる。一方、英語学習において、早期教育が強調されてきた理由でもある「音韻」は、思春期までに形成されるという。(*)

酒井助教授の「仮説」によると、「文章理解」と「単語」については、大人でも鍛えれば伸びる可能性もあり、大人になっても『バイリンガル脳』になる可能性はある。

ただし、そのためには、努力という名のトレーニングがかなり必要である。

(*)別のアエラの特集(4月10日号)では、バイリンガル脳は10歳までと書いていました。詳細は読んでいないので不明。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実はこの記事、文章展開にかなり論理的欠落があり、結局何が言いたいのかよく分かりませんでした(^^;

だって、趣旨要約には書きませんでしたが、「文章理解は日本語と同じ部分を使っているので、国語力が伸びれば英語の文章理解も深まるはずだ」とか、訳の分からないことが書いてありました。

僕は、脳のこと詳しくは分かりませんが、「各言語は脳の同じ部分を使っている => 日本語が伸びる => 英語の文章理解も伸びる」という3段論法が成立するということは、「各言語は脳の同じ部分を使っている => 日本語が伸びる => ロシア語の文章理解も伸びる」っていうことも成り立ってしまうんです!!!

説得力なさ過ぎ・・・ アエラ~、どうした!!!


だいぶ脱線してしまったのですが、この記事とポピュラーな「バイリンガル脳」の常識的データから分かることは、『英語の音韻の部分は、小さい時に形成しないと苦しい!』ということです。

これでやっと、僕が知っていたデータと最新のデータにより、福井君の驚異のヒヤリング力が科学的に証明されました。(←ホントか~?)


そこで、話を元に戻します。

福井君のケースがバイリンガル脳で科学的に証明されたと判断した僕は、小さいうちから英語に触れさせる必要がると判断し、娘が2歳の時、ディズニーの英会話セットを購入しました。

ちなみに、これです。オークションサイトから拝借しました(^^;
DWE



ちなみに、URLはここです。
値段は一切書いていません。
サンプル請求は無料ですので、まだお持ちでない方は一家に1枚どうぞ(笑)

正確な金額は覚えていませんが、確か60万弱!
ちょっとあぶく銭が入ったので、奮発しちゃいました。

でも、当時は、一番実績がある英語教材だし、自分は英語で苦労したんだから、娘には楽をさせてあげたいと思う親心で、「英語ができるようになるんだったら、60万なんて安い、安い!」、ポン、即金で購入! 「どーだ、僕、やさしいお父さん!?」みたいな感じでした。 まっ、あぶく銭だったし。

*あっ、僕は外資系に勤めているので、英語ペラペラです! 福井君に負けてから一生懸命勉強したので! って、ウソです。外資系に勤務しているのは本当ですが、英語は『ペラ』ぐらいです。海外留学とか、英会話教室には通ったことはありませんが、英語教材を使ってそれなりに勉強しました。その甲斐あり、仕事で英語を使う時には、根性で乗り切れています。でも、上手くはないです。ほんとに。僕の英語力は、受験英語ベースのビジネス会話+αぐらいしかできないので、この前、娘に「Yummy」の意味を教えてもらったぐらいですから!


最初は、娘も喜んでやっていました。
家でも、車の中でもいつもDisney!
延々と! そして飽きもせず同じCDとDVDを!

その甲斐あって、風船見たら、「Balloon, Balloon!」って言うんです。「風船」でも「バルーン」でもなく、「Balloon」ですよ。ホント、買ってよかったな~と思いました。



遠い目をしている尾崎・・・


つづく



ゴメンナサイ。書き疲れました・・・
AERAに記事がひど過ぎたため、あんなちょっとまとめるのに、45分以上。予想外に時間をかけてしまった感じです。

つづきとさせ下さい・・・

ーーーーーーーーーーーー
ブログランキングに参加しています。 

『またジラすか~、これが最後だよ』

 と、まだ慈悲の心が残っている方も

『よくまとめたね~、大変だったね~』

 と釈迦の心を持っている方は、

お約束になってきた応援クリックお願いします!!!

ポチっと↓

FC2 Blog Ranking
人気blogランキング投票
スポンサーサイト

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
45分以上・・・お疲れ様です。
>『英語の音韻の部分は、小さい時に形成しないと苦しい!』
確かに、子どものほうが発音はいいです。
しかし、ディズニーの英会話セットってそんなにするんですか!驚きです。。。
2006/06/03(土) 00:03:10 | URL | kayuk #-[ 編集]
こういう話は 私は、大好きで
本など買って読むのが好きです。
勉強になるブログが自分の中で一つ増えてとても嬉しいです。
今後の更新も楽しみにしています。

*yummy!・・・のお話
子育て英語と自分がしてきた受験英語(?)って全然違うから、やっていて
面白いのかなぁ・・・なんてふと思いました。i-179

2006/06/03(土) 07:12:34 | URL | happy☆年子ママ #-[ 編集]
こんにちは
僕もこういう科学的根拠に基づくきちっとした話は大好きです.
妙に簡単に納得したり,
もっと根拠がないと信じられないなぁ,
など一人ぶつぶつ言いながらいろんな人のページを見て回ったりしています.

応援ぽちっとな.
2006/06/03(土) 11:23:54 | URL | なーいのパパ #/aVR7eO2[ 編集]
kayukさん

>ディズニーの英会話セットってそんなにするんですか!驚きです。。。

そうなんです!
で、次回は、失敗者が指摘する賢いやり方をご紹介したいと思います。
2006/06/03(土) 22:59:56 | URL | 尾崎翔太 #-[ 編集]
happy☆年子ママさん

>勉強になるブログが自分の中で一つ増>えてとても嬉しいです。
>今後の更新も楽しみにしています。

ありがとうございます。こういうコメントいただけると本当にうれしいです。

暇な今の時期(転職前の有給消化中)にどんどん書いていこうと思ってますので、応援して下さい。
2006/06/03(土) 23:02:09 | URL | 尾崎翔太 #-[ 編集]
なーいのパパ さん

>科学的根拠に基づくきちっとした話は大好きです.

ありがとうございます。僕も感性がトロイ分、理論的、科学的であることを模索しようと考えています。

いつも応援ありがとうございます!
2006/06/03(土) 23:04:31 | URL | 尾崎翔太 #-[ 編集]
はじめまして
幼稚園年中の一人娘がいるあひると申します。
記事、興味深く拝見させていただきました。

言語を理解するのに脳の同じ場所を使っているとの事ですが、私が読んだ文献にはちょっと違う見解が出ていました。
(立ち読みでさらっとナナメに読んだだけですから、あまり参考にならないかもしれませんが)
例えば日本語ひとつとってもひらがなを読んで識別するのと、漢字を識別するのとでは厳密に言うと使われる脳の場所は違うそうです。
(言語野という意味では同じ場所でしょうが)
当然、言語が異なれば引出しが異なるように違いが出るのだとか。
私は素人ですから、どちらが正しいかは分かりませんが、情報の一つとして参考までに書いてみました。

また、遊びに来ます。
今後の記事も楽しみにしています(^^)
2006/06/04(日) 23:03:37 | URL | あひる #hNMO3LYs[ 編集]
あひるさん

>当然、言語が異なれば引出しが異なるように違いが出るのだとか。

僕もこのことが正しいのでは?と思います。だってこの方が説得力がありますよね。

ま~、上の内容はAERAに書いてあったとだけ思ってください。論理展開がむちゃくちゃな文章だったし、ひとつの考え方ぐらいに流してもいい気がします。
2006/06/05(月) 15:50:00 | URL | 尾崎翔太 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://obenkyonet.blog43.fc2.com/tb.php/9-7c7e02f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。