幼児教育、小学生のお勉強を科学する
塾に通わせることなく、自分の娘を名門幼稚園に入学させた元伸芽会講師が、幼児教育と小学校の勉強法を説明
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AERA記事:子供に受けさせたい最先端英語授業 2
前回からの続きです。前回の内容を読まれていない方は、是非お読みになってから、この内容をご覧下さい。

僕は、幼児からの英語教育に賛成しています。それは、大学1年のときの英語の授業で、小さい時から英語に触ることの重要性を痛感させられたからです。

そのエピソードを話す前に、当時の僕について説明させて下さい。よりリアルに僕が痛感した理由がわかっていただけれると思うので・・・

(じらす、じらす!!!)


僕は、一浪の末、早稲田の教育学部に入学しました。入学前はかなり勉強しました。1日平均10時間以上は勉強していたと思います。まー、それで早稲田の教育なので大したこと無いといえばそれまでなのですが、とりあえずかなり勉強していたということにして下さい。

そのかいあって、英語の偏差値は70以上ありました(高偏差値が出やすい代ゼミでですけどね。駿台では65ぐらいだったかな?)。それなりに、英語は自信もありました。また、実際に大学のクラスでも、英語は他の人よりかなりできました。いつもカンニングさせてあげていたぐらいですから(笑)。

事件は、ある日に突然起きました。
英語の先生が、授業の最後にヒヤリングの問題をやりだしたのです。

僕の英語力は偏差値70以上です。大学に入り、多少(?)のアルコールで麻痺したといっても、今までの蓄積があります。それに、同じような受験勉強をやってきた人よりは、できると思っていました。

しかし、この思惑は、ある一人の内部進学生、福井君に見事に覆されてしまうのでした。

*早稲田の場合、早稲田高校、早稲田実業、早稲田学院からの内部進学の生徒がクラスに何名かいます。彼らは、中学入試や高校入試で勉強のパワーを使いきり(?)、大学受験を突破する英語力はたいてい持ち合わせていません。

福井君は、正直、受験英語力では、偏差値60以下だったのではないでしょうか。

でも、ヒヤリングだけは違ったのです。

テープを聴いて、それをディクテーションして提出するのですが、「英語ができる」僕が半分ぐらいしか書けないのに、彼はいつも、ほぼちゃんと書いて提出していました。

疑問に思い、彼に「なんで、分かるんだよ?」と聞くと、「何となく、こういっているような気がする」って言うんです。謙遜で言っているというよりも、本心からそう言っているんです。拍子抜けですよね。


では、そんな不思議な能力、彼はどうやって身に付けたのでしょうか?

内部進学で時間があったから、英会話スクールに通っていた? 
 -いいえ、違います。

実はハーフ? 
 -いいえ、体重80Kg以上のちょっと太目の日本人です。体重は関係ありませんが(笑)。

幼いときに英語を勉強させられた!?
 -おしい! でも、違います。


彼は、3歳までアメリカに住んでいたのです。

その後は、ずっと日本で生活しています。そのため、英語は話すことはおろか、読むことも普通にしかできません。

でも、ヒヤリングだけは、違ったのです。

自分でもうまく説明できないようでしたが、『こう言っているだろう』というのが、聞き取れていたのです。

3歳までにきいた英語が彼の頭に15年経っても、ずーっと残っていたのです。高度な英語じゃないです。おそらく、町や、テレビや、友達から聞いた生の英語のカタマリが残っていたのです。

それが、英語を聞いたら、勝手に使えちゃったんです!!!


僕は、彼を見て思いました。

いくら僕が一生懸命、英語を勉強しても、彼のようにはなれないのではないか。

乳児や幼児のときの何の言語にも染まっていない段階で、英語と日本語に触れることで、両方の言語を無意識のうちに認識できるのではないのか。

大人になってから英語を身に付けるよりも、子供のときに英語は身に付けてしまった方が絶対ラクだ!


これが、英語にはとても自信があった僕が、「机上の英語」と「実際の英語」の違いをまざまざと認識させられた出来事です。そして、自分の子供には、小さいうちに、絶対に英語を身に付けさせてあげようと思ったキッカケでもあります。


まだまだ、つづく

次回は、『AERA記事:子供に受けさせたい最先端英語授業 3 
-ディズニー英会話セットの功罪 -』(予定)

*だんだん、AERAの記事から離れていくようでようですが、根幹は一緒、「子供に英語を教える意義」についてです。『AERAの記事から考えさせられちゃったのね』と、思っていただけると幸いです(^^;


ーーーーーーーーーーーー
ブログランキングに参加しています。 

『受験英語の敗北、天然の勝利!
 尾崎、可哀想・・・』

 と思われた方も、

『いよいよ英語教育の王道(?)、
 ディズニー英会話セットの功罪に迫る!』

 早く次が読みたい!と思われた方も、

お約束になってきた応援クリックお願いします!!!

ポチっと↓

FC2 Blog Ranking
人気blogランキング投票

スポンサーサイト

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
う~ん、先が知りたいからまた応援しなくっちゃ・・・。

応援しなくてもきっと書いてくださるとは思いますが
どうもクリックしないといけないような
気分にさせるこういう書き方、おもしろいですね☆

このディズニー英会話セットって
もしかしてうちで使っている教材のことかしら、と
個人的にはかなり気になります・・・。
2006/06/01(木) 20:17:52 | URL | サリー #LA/EZW0A[ 編集]
kayukさん

ごめんなさい。正直言うと、ジラシしているのではなく、書くのが遅いだけないんです・・・ 遅いながらも、毎回なんかしらタメになる情報入れたいと思うので、懲りずにまた見て下さい。

応援クリック、嬉しいです。有難うございます!
2006/06/01(木) 21:18:25 | URL | 尾崎翔太 #-[ 編集]
サリーさん

>どうもクリックしないといけないような
>気分にさせるこういう書き方、
>おもしろいですね☆

このコメントも、とても嬉しいです!
僕の本業は、IT企業のマーケッターなんで! 

でも、幼児教育も、もともと好きだったというのもありますが、今ではマーケティングの本なみに勉強しています。

幼児教育についても、こういうコメントいただけれるように頑張ります!
2006/06/01(木) 21:22:41 | URL | 尾崎翔太 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://obenkyonet.blog43.fc2.com/tb.php/8-93d088cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。