FC2ブログ
幼児教育、小学生のお勉強を科学する
塾に通わせることなく、自分の娘を名門幼稚園に入学させた元伸芽会講師が、幼児教育と小学校の勉強法を説明
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AERA記事:子供に受けさせたい最先端英語授業 1
2006年6月5日号のAERAに『子供に受けさせたい最先端英語授業』なる特集がありました。幼児教育と銘打っている本ブログで取り上げない訳にはいきません(笑)。早速記事を読んでみました。

記事の趣旨は以下の通りです。

ーーーーーーーーーーーーー記事趣旨ーーーーーーーーーー
埼玉県春日部市立粕壁小学校では、1年生に毎朝9分間の「E-タイム」を行っている。5月のテーマはお天気で、「It's sunny today」などシンプルな4つの表現を身ぶりや歌を交えて学習する。さらに、週1回25分、朝のスキットを応用し、さまざまな表現を使って話す時間を設けている。

その結果、児童の英語に対する抵抗感が薄れたり、発音がきれいになるなどの効果が報告されている。また、積極的に英語を使う場面を与えることで、英語を使用するプレッシャーを事前に体験させ、英検や入試の問題でも動じない精神力を養うことに成功した学校もある。

那覇市が中学2年生に行った研究では、小学校で1年間英語学習を受けた生徒と、受けなかった生徒では、英語のリスニングテストにおいて、正答率に10ポイントの差があったと、小学校の英語教育の有効性を報告している。

しかし、一方で、上智大学外国語学部長で、中教審外国語専門部会の委員を務める吉田研作教授は、「成果が上がってきているが、小学校英語の目的はあくまでも、英語に慣れ、コミュニケーションを図ろうとする態度を身に付けること。ペラペラになるとか、そんなことを期待してはいけない」とクギをさす。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小学校1年生の娘を持つ親として、この記事を興味深く読みました。

僕自身の意見を言えば、幼児からの英語教育にはとても賛成しています。それは、大学1年のときの英語の授業で、小さい時に英語に触れさせることの重要性を痛感したからです。

つづく


ーーーーーーーーーーーー
ブログランキングに参加しています。

『大学時代になにを痛感したの???
 続きを知りたい!!!』

と思われた方は、次回のつづきの期待もこめて応援クリック
お願いします。

ポチっと↓

FC2 Blog Ranking
人気blogランキング投票
スポンサーサイト

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
小学校の英語の時間を効果的に取り入れている学校があるんですね。

続き、知りたいから応援しました♪
続き、早く教えてくださいね!
2006/05/31(水) 20:33:38 | URL | サリー #LA/EZW0A[ 編集]
サリーさん

ありがとうございます。ブログ開設から、1週間ぐらい。こういうコメントがいただけるようになると、本当に嬉しいです!

次も気合入れて書きます!
2006/05/31(水) 23:17:38 | URL | 尾崎翔太 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://obenkyonet.blog43.fc2.com/tb.php/7-76c9e1dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。