FC2ブログ
幼児教育、小学生のお勉強を科学する
塾に通わせることなく、自分の娘を名門幼稚園に入学させた元伸芽会講師が、幼児教育と小学校の勉強法を説明
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
落ちこぼれを科学する 2
まず、『落ちこぼれ』の現状を見てみましょう。

『落ちこぼれ』の定義を厳密にするつもりはないのですが、とりあえず、「クラスの他の子より勉強が出来ない」とか、「授業についていけない(当然、成績も悪い)」という状態を指したいと思います。

『落ちこぼれ』の実数を後者の「授業についていけない生徒」で計るとすると、一般的に言われている「七五三」といわ数が参考になるでしょう。つまり、小学校で三割、中学で五割、高校で七割の子が授業についていけないということです。

この元になっているのが、2001年に小中高生に実施された『第3回学習基本調査』(以下、「学習基本調査」と記載)です。小学生については、全国約2500名の小学校5年生が対象となり、複数の質問形式による調査が行われました。その中で、授業の理解度に関する質問があったのですが、「理科」が72.6%、「国語」が71.2%、「算数」が69.1%、そして「社会」は61.5%と、生徒の授業理解度はおよそ7割の結果となりました。


この「学習基本調査」は、『落ちこぼれ』がもたらす負の影響についても新たな洞察を含んだ結果をもたらしました。

それが、『授業の受け方(成績の自己評価別)』に関する質問の結果です。この調査では、成績の優劣により、回答に差が生じるか確認するために、調査対象を3つのグループ(成績上位者、中位者、下位者)に分けて実施しました。その結果は次の通りです。


                      上位  中位  下位  

1.授業の内容が難しいと思う     29.7  56.4  71.6
2.ぼうっと他のことを考えている   31.9  38.6  51.0
3.先生が黒板に書かれていない
 場合も大切なことはメモする    54.7  47.8  37.8
4.テストで間違えるとくやしい     80.1  79.1  72.9
5.友達の意見や発表をしっかり聞く 92.9  89.5  78.6
6.自分の考えや意見を発表する   75.2  53.3  38.3

*質問項目は抜粋、数字は%


1.と2.の結果は、それほど驚くに値しません。想像の範囲です。しかし、3.以降の質問結果に関して何か気づくことはないでしょうか。すべて勉強以外の『性格』に関する反応ということができると思います。

つまり、

3.機転の良さ
4.克己心、向上心
5.社会性(もっとよい言葉があるかもしれませんが)
6.自己表現

に関する質問と僕は感じました。


調査を実施したベネッセは、これらを「学習態度」という言葉で表現しています。しかし、僕はこの反応が勉強や学習だけに限定される態度だとは思えないのです。特に5.と6.については、性格そのものであるとも思えます。勉強は苦手だから、『授業中は』人の意見は聞かないけど、『遊びの時』はちゃんと聞く、ということがあるとは思えません。

したがって、この質問結果から次の仮説が成り立ってきます。

成績下位者(つまり、落ちこぼれ)は、成績の劣等感から性格的萎縮をも起こしかねない


一般的には『落ちこぼれ』がもたらす影響については、僕が昨日書いたよう学習意欲の低下、それによるさらなる成績悪化という負のスパイラルについて論じられることが多かったと思います。それはそれで懸案すべき自体ではありますが、影響範囲が勉強だけに限定される点でまだよかったかもしれません。


しかし、この調査結果にみる『性格の萎縮』が実際に発生するのであれば、『落ちこぼれ = 勉強が(他の子より)出来ない子』という一般公式で考えるのは危険なことだと思います。

『落ちこぼれ』てしまった場合、子供たちは新たな知識を吸収しづらくなるだけでなく、心身の健全なる発育にも影響を及ぼす可能性があるからです。


まだまだ、つづく

ーーーーーーーーーーーー
ブログランキングに参加しています。 

『なんか今日は真面目な内容じゃない!?
 ちょっと論文みたいだね!』

と思われた方は、レポートを確認する教授になった気分で、「合格」クリック!!!

ポチっと↓

人気blogランキング投票
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
はじめまして
ぜんぜん更新していなかったミクシィ・・・これじゃいけない!と久しぶりにみて、足あとをたどってやってきました。興味深いレポートで楽しく読ませていただきました。ホント親は子どもに育てられていますね。そうそう以前から興味があったNLPですが、これを機会にと、体験の申し込みまでしました。
機会を与えていただいてありがとうございました。また訪問いたします。
2006/06/08(木) 10:37:29 | URL | hisanon #-[ 編集]
hisanonさん

ご訪問ありがとうございます。NLPについては、僕はただのプラクティショナーでしかないので、たいしたことは言えませんが、左脳人間の僕(文章見ればわかる?)がEQとか相手の気持ちの重要性に気づかせるきっかけを与えてくれました。

一概に女性は男性よりもEQ能力が高いと思うので、hisanonさんにはそれほど気づきはないかもしれませんが、より一層相手の気持ちを理解できるようになると思います。
2006/06/08(木) 10:55:35 | URL | 尾崎翔太 #-[ 編集]
NLPについて
こんにちは。これってここで伺ってよいのかわからないですが、NLPっていろいろな団体で講座を開いているのですね。私的意見で構わないので、どこがお薦めでしょうか?お忙しいところ、何度もゴメンナサイ。
2006/06/09(金) 09:05:30 | URL | hisanon #-[ 編集]
hisanonさん

僕は感性研究所というところで受講しました。理由は、日程が一番あっていたからです。他のNLPの講座を比較検討して決めたわけでないので、「ここがいい!」みたいなことは指摘できないのですが、僕には気づきをもたらしてくれました。無料とか数千円の体験がどこの団体も行っているみたいなので、参加されてご自分にあうと思うところに行かれるのがいいのではないでしょうか。感性研究所で知り合った方も、それなりに体験に行って決めたみたいです(僕は前述のとおり、全く行ってませんが)。
2006/06/09(金) 12:06:06 | URL | 尾崎翔太 #-[ 編集]
ありがとうございました!
いろいろみてみようと思います。
また訪問させていただきます。
2006/06/09(金) 22:36:43 | URL | hisanon #-[ 編集]
一つ前のとこちらの記事、じっくり読ませていただきました!
こういう読み物が私自身大好きです。
いいブログですね!
続きを楽しみにしています!ポチッ。


2006/06/10(土) 15:26:56 | URL | happy☆年子ママ #-[ 編集]
happy☆年子ママ様

>こういう読み物が私自身大好きです。
>いいブログですね!

ありがとうございます! こういうこと言って頂けると本当に嬉しいです!

木曜日:銀行、区役所の事務処理+飲み
金曜日:終日二日酔いで使い物にならず
土曜日:家族サービス

で、結局、先が書けていませんが、ちゃんとアップします。お楽しみにしてください。
2006/06/10(土) 22:08:53 | URL | 尾崎翔太 #-[ 編集]
あっ。。。
じゃあ、明日も家族サービスですね(^^)
2006/06/11(日) 00:48:41 | URL | kayuk #-[ 編集]
Kayukさん

>じゃあ、明日も家族サービスですね(^^)

お見通しですね~。スゴイ! 女性の洞察力(?)には参ります(^^;
2006/06/12(月) 11:12:18 | URL | 尾崎翔太 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://obenkyonet.blog43.fc2.com/tb.php/12-cdf6c574
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。